読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルフリライアンス〜もっと自分を好きになる方法

自己受容エバンジェリスト。元アパレル勤務のアラフォーこじらせ女子・ミサキの、ダイエット、ファッション、メイク、ボディコンディショニングなどの体験記。コンプレックスを克服するためのライフハックなど。

雑誌でよく見る「抜け感メイク」って?オシャレfaceの作り方

メイク

misakinha.hatenablog.com
2016秋冬のメイクトレンドについては以前こちらのエントリで書きましたが、今回は大きなトレンドの流れの一つ「抜け感メイク」について。

昨年くらいからしきりに目にするようになった「抜け感」というキーワード。

いまいちピンと来ない人も多いのでは?

「抜け感」メイク≒「引き算」メイク


「抜け感」という言葉自体が目新しいので、何のことかよくわからないかもしれませんが、つまり「引き算メイク」のことなのです。

盛りに盛ったアイメイクやウルツヤにするためのグロスを塗りまくったリップをやめて、適宜メイクを引き算することでナチュラルな魅力を再発見しよう、というのが「抜け感」の意図するところ。

ただ、「じゃあナチュラルメイクってこと?」というと、これがちょっと違うのです。

「ナチュラルメイク」の真意は「ナチュラルに見えるメイク」。

全体的に色味を押さえ、いわば“すっぴんのアラを隠す画像加工した状態”に見せるのが「ナチュラルメイク」。

そうではなく、意図的に部分の引き算メイクをして“隙を作る”のが「抜け感メイク」です。

MAQUIA ONLINE(マキアオンライン)- 人気のコスメやビューティ情報を紹介


「隙を作る」とは?


では「隙」ってなんでしょう?

どうしてわざわざ「隙」を作らなければいけないのでしょう?


ばっちり仕上げたメイク、確かに素敵でかっこいいですよね。

旬のカラーを使ってファッションにあわせたトレンドメイクをするのは、とても楽しいです。

あるいは、完璧なナチュラルメイク。

肌のアラを巧妙に隠して補正したようなメイクは、年齢を感じさせません。



でも毎日それだと、ちょっと飽きるし、疲れませんか?

そして、多分周りも、ちょっと疲れます。


そこで「抜け感メイク」です。

あえて“隙”を作った「抜け感メイク」は、すっぴんの気楽さや落ち着きを連想させます。

「くつろいだ雰囲気」といえばわかりやすいでしょうか。

これ、多分性格も同じ。

いつも完璧な人よりも、どこか抜けてたり、プライベートに意外性があったりすると、とても親しみが持てたりしますよね?

メイクの「抜け感」も同じ。

アラを全部隠すのではなく、ちょっとだけすっぴんの片鱗を見せることで、親しみやすく見せる効果が期待できるのです。

抜け感メイクはアイラインなしがポイント


抜け感を出す方法は色々ありますが、私のオススメはアイラインを引かないこと。

それだけでもかなり抜け感が出ます。

シャドーは旬のカラーを使っても構いませんが、濃い色のシャドーをライン代わりに目の際に入れる必要はありません。

あとはビューラーでまつげを上げておいて、マスカラを濃すぎないように塗ります。

マスカラは、ボリュームアップ系は使わないこと!

まつげが濃い人は、クリアマスカラで十分です。

本当?アイラインなしで究極の抜け感メイクが完成!|【HAIR】


抜け感メイクでいつもと違うオシャレFaceに

「アイラインを引かない」って、結構思い切ったメイクですよね?

でも、だからこそナチュラルな目元がとても新鮮に見えるもの。

目元に抜け感を出したら、リップはこっくりとした色にしても素敵です。

この冬、ぜひトライしてみて下さいね!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告を非表示にする
Instagram by ミサキ