セルフリライアンス〜もっと自分を好きになる方法

自己受容ナビゲーター。元アパレル勤務のアラフォーこじらせ女子・ミサキの、ダイエット、ファッション、メイク、ボディコンディショニングなどの体験記。コンプレックスを克服するためのライフハックなど。

アラフォーダイエット 基本哲学① 「痩せるって、決めた」と言い切ること。

misakinha.hatenablog.com

前回の記事でアラフォーダイエットは「まずレコーディングダイエットから」と書きましたが。

 

「とても面倒で続けられない」という人、

結構多いと思います。

でも、ここで確認しておきたい。 

「何のために痩せたいの?」 

私の場合、ダンスの発表会という目標がありました。

1年半後の発表会までに、どうしても痩せたい。

発表会とはいえ、舞台に立つ以上、ベストな体型で人前に出たい。

「舞台」という機会は期限があるので、きっかけとしてちょうど良かったのです。

  

当時も、普段太ってると言われることはありませんでした。

ダイエットを口にすれば、「必要ないでしょ!」と言われるばかり。

でも、自分はよくわかってる。

どうしても落ちないおなかの浮き袋、二の腕の振袖、きつくなって履けないデニム、太って似合わなくなったリブタートル・・・。

 

もう、いやだ。

似合わなくなったそれらを纏う、鏡越しの惨めな自分はもう見たくない。

 

「年齢と共に似合わなくなった服」というのはただの言い訳で、本当は太って似合わなくなっただけだって、どこかでわかってた。

ただ単に、おばさん体型になりつつあるだけなのに、それを認めるのが怖かった。

「加齢と共に少しふくよかになるのだから、それにあった服を着ればいい」なんて言ってみたものの、

それは結局デブ隠しのチュニックだったり、振袖隠しの5分袖だったりして、つまりおばさんファッションになるのもわかってた。

 

だから、決めた。絶対に痩せる。

痩せるって、決めた。

 

 決めてしまえば、レコーディングダイエットなんて何でもない。

あの鏡越しの自分を見た時の惨めさに比べたら、そんな手間はどうでもよかった。

 

 その後、レコーディングダイエットと平行して様々なアクションを起こします。

当然停滞期も長く訪れ、何度も心が折れそうになったけど。

 

「痩せるって、決めた」。

何度も思い出しました。

私は痩せるんだ、そう決めたんだから、絶対に痩せられる。

前にやった方法で痩せなくても、必ず別の方法で痩せることができる。

痩せない身体なんて、存在しないのだから。 

だからまず、自分で決めるところから。

「痩せるって、決めた」って、言えるかどうか。

もし言い切れなければ、レコーディングダイエットも多分出来ないでしょう。

続けられない理由を探して、「面倒だから出来ない」となるはずです。

 

アラフォーの身体は、かなり複雑。

代謝も落ち始めるし、女性ホルモンのバランスも変わり始めます。

生活も子供がいたり、いなくても仕事に責任が出てきたり、若い頃のようにシンプルではありません。

当然「食べなければ痩せる」というほど、単純じゃないのです。

 

だからこそ、「痩せるって、決めた」が大切。

この決意さえ揺るがなければ、時間はかかっても必ず痩せます。

どうして痩せたいのか、よく思い出すこと。

思い出しても「痩せる」って言い切れなければ、多分その動機は大したものではないでしょう。

痩せることだけが全てじゃないし、「適度にふくよかでも楽しい人生」も素敵です。

 

でも、私はイヤだった。

鏡越しの自分を毎日見る度に、劣等感が積み重なっていくような日々にウンザリしていた。

何でも悪いことや上手くいかないことは「太ったせいだ」と思うようになっていたし、そういう自分にさらに嫌気が差していた。

 

もしこれを読むあなたもそうなら、まず言い切ってみてください。

「痩せるって、決めた」。

決めた瞬間から、もう何かが変わりはじめるはず。

 

 

レコーディングダイエットの後の色々は、まだ続きます。

 

広告を非表示にする
Instagram by ミサキ