セルフリライアンス〜もっと自分を好きになる方法

自己受容ナビゲーター。元アパレル勤務のアラフォーこじらせ女子・ミサキの、ダイエット、ファッション、メイク、ボディコンディショニングなどの体験記。コンプレックスを克服するためのライフハックなど。

「大人が本気で遊ぶ」その効果とは

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ
にほんブログ村
お仕事のご依頼はaboutページのお問合せからどうぞ。
http://misakinha.hatenablog.com/about



こんにちは、自己受容ナビゲーターのミサキです。

最近、本気で遊びましたか?

大人になってから、遊ぶことってめっきり減りますよね。
「遊ぶ」といっても、実際にはご飯食べに行ったり、飲みに行く程度だったりしませんか?


子供の頃は、時間があるとすかさず遊ぼうとしたもの。
友達がいなくても、一人で何とか遊んだものです。

私の場合、こんな遊びをしてました。

読書(漫画含む)
ゲーム
工作
お絵かき
オルガンを弾く
缶蹴りなどの鬼ごっこ系
砂遊び
縄跳び
ゴムとび
トランポリン(児童館にありました)
カルタ・ベーゴマなどの昭和レトロ系の遊び(これも児童館にあった)
一輪車(流行った)
りかちゃん人形遊び
ボードゲーム

などなど・・・。
年齢が表れてます(笑)


中身をよく見てみると、大きく分けて2つ。
・コツコツ系
・身体を動かす系

これなら、大人でも出来る遊びがたくさんあるはずです。
でも大人になると、なぜか「遊ぶ」という言葉を使わなくなります。
それらは「趣味」と言い換えられて、「ほどほどに楽しむ娯楽」というような価値を押し付けられがちです。


ですが。

「ほどほど」って楽しいですか?
「ほどほど」の遊びで、本当に満足できますか?


本気で遊ぶ趣味の見つけ方

よく「ストレス解消には、趣味を持つこと」というようなことが言われています。
でも、これは少々的外れなアドバイスです。

趣味がある人は、遊ぶ方法を知っているので、ストレスを抱えにくい。
これは本当です。
しかし、趣味がない人は、そもそも見つけ方がわからないので、「趣味を持て」と言われること自体がストレスになりかねないのです。


では、趣味のない人はどうやって見つければいいのでしょう?


まず、子供の頃、どんな遊びをしていたか、思い出してみましょう。
全く遊ばなかったという人は、ほとんどいないはずです。

楽しかった遊びの記憶の中で、今でも楽しめそうなものはありませんか?
「コツコツ系」「身体を動かす系」、どちらがより楽しかったでしょう?

「コツコツ系」なら、読書や映画・ゲーム・ハンドメイド・料理など、
すぐにでもはじめられそうなものがたくさんあります。

では、「身体を動かす系」はどうでしょう?

ランニング、フットサル、バスケ、ダンス、ヨガなど、専門の教室や社会人サークルがたくさんあるようなジャンルもたくさんあります。
でも
「どうもどれもピンとこない」
「単発で気軽に出来ることがしたい」

こういう人の場合は「体験型プラン」を利用して、単発でやってみることをオススメします。
どこで探すのかというと、提供するサイトがいくつかあるのです。

体験型アクティビティを集めたサイト3選

ストアカ

まず、あくまでも「レッスン」という形でやってみたいという方にはこちら。
www.street-academy.com
ジャンル・地域・日時から検索できる、まなびのマーケット「ストアカ」。
ビジネススキル系も充実してますが、純粋な「趣味」のカテゴリーもかなり多岐に渡ります。
「魚のさばき方」や「バク転」などのユニークな講座も!
私もファッションとメイクで講座を立ち上げてます。

銀座・大手町のファッションコーディネート講座「ユニクロ、GUで「私らしさ」を発見!お買い物同行レッスン」by 山内 三咲 | ストアカ

アソビュー

レッスンというよりはレジャー・体験重視ならこちら。
www.asoview.com
VR体験やリアル脱出ゲームなど、イマドキのアクティビティも盛りだくさん。
タグやテーマ別検索も出来るので、具体的なものが思いつかない時でも調べやすいです。

トリップアドバイザー

旅行者向けのサイトですが、エリア別にアクティビティが検索できます。
旅先の経験が趣味に繋がるケースって、結構多いものです。
せっかく遠くに出かけるなら、現地ならではのアクティビティを探してみてはいかがでしょう?
www.tripadvisor.jp

先日こちらのサイトに掲載のアクティビティに参加してきました!
www.tripadvisor.jp

こちらのレポートを、少しお届けします!

大人が本気で遊ぶ!なりきりサムライ体験

今回参加してきたのは、Samurai Film Fightingという企画。
プロのスタントマンに殺陣を教わり、衣装付きで撮影。
それを3分ほどのショートムービーにしたものが後日送られてくるというプランです。

監督は「るろうに剣心」や「ラストサムライ」などにも出演していたスタントマンの佐藤健司さん。
2015年のアクションアワードでベストスタントマン賞を受賞しているそうです。

そんな一流のスタッフに殺陣と芝居を教わります。
ショートムービーにセリフはありませんが、設定はちゃんとあるので、表情のダメ出しは容赦ありません(笑)
優しく教えてくれますが、出来るまで練習は続きます。
仕上がりに対してのこだわりからくる厳しさがあり、単なる観光的な体験とはひと味違います。

とはいえ、参加者がめげたりしないように、気持ちを上げるようにフォローの言葉をかけてくれるところが素晴らしい。
おかげで撮り終わった時の達成感が清々しくて、クセになりそうです!

なりきり女剣士(笑)



こんな感じで殺陣を習います。


今回のPR動画はこち

Samurai Film in Haneda June 2017


来月も予定しているそうなので、次回参加希望の方は、山内までご連絡いただければ詳細お知らせします。

思い切って遊ぶと、暮らしにリズムが生まれる

全力で遊んだ後は、とても疲れます。
ただし、その疲れは純粋に身体の疲れです。
ストレスによるものとは違います。

身体の疲れがなくなる頃、「また遊びたいなあ!」と思うようになります。
でも、とても疲れるので、子供のように頻繁に遊ぶのは難しい。
そこで、大人は「スケジューリング」を考え始めます。


次に遊ぶ計画を立て、そこに合わせて調整するのです。
仕事で潰れないように頑張り、体調を整えます。

そうすると、単調な毎日にリズムが生まれます。
生活にメリハリがつき、日々を楽しめるようになるのです。


本気で遊んでる自分は、思い出しても生き生きとしています。
以前は楽しむことに罪悪感すら感じていた私ですが、そんな風にストイックな自分よりも、「楽しそうな自分」の方が素敵です。


子供の頃、何かに夢中になって遊んだこと。
大人になっても、その気持ちは失われてはいないのです。


今回久しぶりに全力で遊んでみて、色々なことを感じました。

ワクワクする気持ち、はしゃぐ自分。
そんな自分の姿を、随分微笑ましく思う自分もいるのです。

不思議と遊んだ後は、思考がクリアになって、色々アイディアが生まれてきます。
遊ぶことで、日々の余計なノイズを飛ばす効果もあるようです。


みなさんは、そんな自分、最近見ましたか?
全力で遊んで、そんな自分を見つけに行きませんか?



Instagramやってます。
「毎日お気に入りを身につけるとHappyになれる」をモットーに、「今日のお気に入り」を身に付けてご紹介してます。

Instagram

各セッションのお申込みはこちらから
https://blossomsblue.thebase.in/



にほんブログ村

広告を非表示にする
Instagram by ミサキ